試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

龍馬(四) 薩長篇

西郷隆盛の援助のもと、亀山社中を結成した龍馬は、薩長提携の必要性を感じていた。歴史的和解に向け遂に龍馬が起つ!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<龍馬(四) 薩長篇について>
禁門の変に敗れた長州藩に対し、長州征伐が開始された。さらに四国艦隊の下関砲撃が追い打ちをかける。一方、激派志士との関係を疑われた勝麟太郎は軍艦奉行を免職となり、龍馬たちは活動の場を失った。これを救ったのは西郷隆盛だった。薩摩藩の庇護のもと、亀山社中を結成した龍馬は、念願の海運交易に乗り出す。長州再征の動きが強まるなか、龍馬は、新たな政権を作るために、旧怨を超えた薩長の連携が必要と考えていた。