無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

静かな黄昏の国 の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

これが現実となるのだろうか――〈原発社会〉のその後を描いた戦慄の黙示録

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

試し読み作品の続きを読む

<静かな黄昏の国 の試し読みについて>
「ようこそ森の国、リゾートピア・ムツへ――」化学物質に汚染され、もはや草木も生えなくなった老小国・日本。国も命もゆっくりと確実に朽ちていく中、葉月夫妻が終のすみかとして選んだのは死さえも漂白し無機質化する不気味な施設だった……。これは悪夢なのか、それとも現代の黙示録か――。知らず知らず〈原発〉に蝕まれていく生を描き、おそるべき世界の兆しを告げる戦慄の書。3.11後、著者自身による2012年版補遺収録。


ジャンル:文芸 , 文芸 , 小説
出版社名:KADOKAWA
レーベル:角川文庫
公開期間:
試し読みページ数:約 10 ページ

販売コード:(ISBN-13)9784041002902
試し読み作品の続きを読む

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す