試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

火の国、風の国物語8 孤影落日

力を渇望する墜ちゆく者の叫びが天に届くとき、物語は誰もが予測しえない展開へと動く!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<火の国、風の国物語8 孤影落日について>
「……地獄に落ちることなんて、考える必要はなかったんだ」ダルム城砦をディレニア軍の手から奪還するため、出撃の準備を整えるジェレイドは自嘲し、四ヶ月前の出来事を思い出していた。ボルネリア領における反乱が真に終わったときのことを――。自ら民を率いて起こした反乱で犠牲となった者たち、そして託された想い。そのときに自分は知ってしまった――すべての民を救うことなど不可能だということを。ならば自分に付いてきてくれる者だけでも救えれば……。たとえそれが偽善や独善と呼ばれようとも。急展開する物語の先に待つ未来とは!?