試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

帝都物語 第四番

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:55%
:45%
最多属性:30代/男性
  • 荒俣宏
  • 書店
  • Amazonプライム
  • 嶋田久作
  • 陰陽師
  • 読了

昭和二十年、瓦礫と化した帝都に地霊や怨霊が跳梁跋扈する。そこへ帰還した魔人・加藤の目的は

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<帝都物語 第四番について>
昭和二十年八月十五日。第二次世界大戦の敗北は人々に大きな衝撃をもたらした。帝都は瓦礫の都市と化し、復興は困難な状況に陥っていた。しかも帝都を守護していた英霊の銅像の封印が解け、地霊や怨霊が跳梁跋扈し始める。そのさなか、“屍解”という仙術を駆り、不老不死の肉体を得た魔人・加藤保憲が再び日本へと舞い戻ってきた。いまだ覚醒せぬ“将門”の霊を地上に招喚するために――。カタストロフィ・ノベル戦後篇、堂々の開幕。