試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

シリーズ 地域の古代日本 畿内と近国

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:100%
:0%
最多属性:30代/男性
  • KADOKAWA
  • 吉村武彦
  • 新書
  • ブックレット
  • 出版社
  • 実用

巨大な前方後円墳が集まる政治・文化の発信地。その知られざる実態に迫る。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<シリーズ 地域の古代日本 畿内と近国について>
ヤマト王権以来、歴代遷宮を行いながら、ほとんどの都が畿内に置かれた。世界遺産の古市古墳群・百舌烏古墳群をはじめ、日本最大規模の前方後円墳が集中して造られ、飛鳥寺・東大寺など多くの寺院が建立された仏教の中心地でもあった。製塩・玉作り・紡織ほか専業的拠点で営まれた手工業生産、律令制国家の情報伝達を担った駅伝制、平城京跡出土木簡が示す文字文化など、畿内の多彩な側面を発掘成果や文献史料を駆使して明らかにする。

【目次】
1章 王宮・都と京・畿内制  吉村武彦
2章 王権と手工業生産  中久保辰夫
3章 大和・河内の前方後円墳群  下垣仁志
4章 畿内の駅家と駅路   市大樹 
5章 東大寺と国分寺  吉川真司
6章 文字文化の拡がり  寺崎保広
ESSAY 宮滝で笠金村の歌に思いを馳せる  上野 誠


◆シリーズ地域の古代日本 (全6巻)
東アジアと日本
陸奥と渡島
東国と信越
畿内と近国
出雲・吉備・伊予
筑紫と南島