試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

死亡遊戯で飯を食う。2【電子特典付き】

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:92%
:8%
最多属性:40代/男性
  • mf文庫j
  • 探偵はもう、死んでいる。
  • TVアニメ
  • 秋葉原
  • ライトノベル
  • 読了

第18回MF文庫Jライトノベル新人賞《優秀賞》受賞作、第二弾!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<死亡遊戯で飯を食う。2【電子特典付き】について>
〈キャンドルウッズ〉から三ヶ月。私・幽鬼はプレイヤーに復帰した。
足元の不安な廃ビルから脱出するゲーム〈スクラップビル〉。
高飛車なお嬢様のプレイヤー、御城に困らされながらも、私はゲームをこなす。
――それから時は過ぎ、私は三十回目にさしかかる。
〈三十の壁〉。
三十回辺りのゲームで、プレイヤーに不幸がたたみかけるという業界の〈呪い〉。
その影響か、あるいはそれを気にするせいか、私は調子を落としていた。
そんな私に、さらに近づく影がひとつ――
「このゲームを潰す、お手伝いをしてほしいのです」
あるときは廃ビルを探索し、またあるときは風呂場で札の争奪戦。
そうして今日も私は――死亡遊戯で飯を食う。【電子限定!書き下ろし特典つき】