試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

春夏秋冬代行者 暁の射手

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:37%
:63%
最多属性:30代/女性
  • ホットケーキ
  • 寒い
  • 電撃文庫
  • 読書メーター
  • 声優ラジオのウラオモテ
  • わたし、二番目の彼女でいいから。

彼の者の名を「花矢」という。新たな現人神の物語、開幕。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<春夏秋冬代行者 暁の射手について>
「彼の者の名を『花矢』と言う」
 季節は、如何にして齎されるのか?
 その問いに人の子らはこう答える。
「四季の代行者」が神々より賜りし権能で春夏秋冬を大地に巡らせるからだと。
 では朝と夜は? 同じく人は告げる。
「巫の射手」が空に矢を放ち、その矢が朝と夜の天蓋を切り裂くのだと。
 黎明二十年、島国『大和』の北端に位置する大地エニシに一人の少女がいた。
 姓に神職を冠す巫覡の一族の末裔、代行者と同じく神の御業を担う者。大和に朝を齎す「暁の射手」その人だ。
 少女花矢は今日も民に紛れ学舎に通う。
 傍に美貌の青年を従える彼女が、大和にただ一人の『朝』だとは誰も知らない。
 花矢と弓弦。少女神と青年従者の物語は、いま此処から始まる。