試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

お茶屋さんは賢者見習い 3【電子特典付き】

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:53%
:47%
最多属性:30代/男性
  • MFブックス
  • キミラノ
  • KADOKAWA
  • ライトノベル
  • オルタ

リンの決意、その思いに精霊たちが応える――!?

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<お茶屋さんは賢者見習い 3【電子特典付き】について>
精霊がいる異世界に転移してしまったお茶屋さんのリン。
彼女の開発した品々が春の大市で販売され、各領から大きな反響が巻き起こっていた。そんな品々に目を付けた大商会の副会長や、『スパイスの国』の長とかかわりを持つことになったリンは、新たに手に入れた香辛料を用いて彼らに料理を振る舞い、レシピを広めるなど、社交面でも活躍するのだった。
しかし、そのせいで様々な利益をもたらすリンを探る者や、悪意をもって近づく者も出てきてしまう。リンを保護している賢者ライアンは、そういった危険を退けるため、リンに対して公式に精霊術師として登録することを勧める。そんなライアンの勧めに、違う世界から来た自分が賢者見習いとしての責任を担えるのか、リンは自身の身の振り方について、考えを巡らせ始めて――。
精霊に愛された賢者見習いの異世界暮らし、夏を目前に、リンが下す決断とは!?
【電子特典】書き下ろしショートストーリー「特別な夜の ―オグ視点―」収録