試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

寝ている夫のすぐ横で

私は、今夜も待っていた。あの快感をもう一度味わいたい。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<寝ている夫のすぐ横でについて>
結婚七年目の私たち夫婦と三歳の一人息子は、偶然見つけた中古一戸建てに転居した。荷解きをしていた私は誰かが家の中にいる気配を感じるが、夫は気のせいだと笑う。その夜、私は体を撫でられる感触に目が覚める。目を開けると、夫は自分に背中を向けて寝ている。息子は子ども部屋に寝かせている。悲鳴を上そうになった瞬間、金縛りに遭う。恐怖はやがて快感に変わっていく。絶頂と共に意識が遠のき、気が付けば朝になっていた。