試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

嫌われる敬語 好かれるタメ語

敬語を完璧に使いこなしているのになぜか嫌われる人もいれば、敬語と「タメ語」をおりまぜた話し方で好かれる人もいるのはなぜ?本書は「好かれる敬語」と「嫌われる敬語」の境界線を考察し、形式にとらわれないコミュニケーションの方法を解説します。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<嫌われる敬語 好かれるタメ語について>
世の中には、正しい敬語を使っているのに、他人から嫌われ、敬遠されている人がいます。逆に、少々間違っていても、くだけた口調で、親しみのこもった話し方をして、好感を持たれている人もいます。
喜び、感謝、当惑、おわびなどの感情を表現するのに、敬語は不向きな場合があります。礼儀正しく、正しい敬語を使うのは必要ではあっても、絶対ではありません。
本書は、さまざまな場面における「嫌われる敬語」と「好かれるタメ語」を解説する本です。