試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

わたし、二番目の彼女でいいから。3

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:100%
:0%
最多属性:不明/男性
  • 重い
  • 気になる
  • 弥生ちゃんは秘密を隠せない
  • 隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった
  • きみって私のこと好きなんでしょ?とりあえずお試しで付き合ってみる?
  • ネトゲの嫁が人気アイドルだった

桐島くんを二人で共有しよ? 加速する歪な三角関係が堕ちる先は……。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<わたし、二番目の彼女でいいから。3について>
「ねえ、私たちで桐島くんを共有するの、ダメかな……?」

 俺は今、橘さんと付き合いながら、早坂さんとも付き合っている。
 共有のルール。それは互いに抜け駆けしないこと。「一番目」になれない方が傷つくなら、それは優しい関係とすら言えるだろう。
 たとえそれが、歪で、甘美な延命措置に過ぎないとしても。

 だけど……。

 二番目でよかったはずなのに。
 それでも一番目になりたくて。

 互いにエスカレートする好意と行為。
 その果てに、俺らの関係はやがて軋みを上げ始め……。

 もがいて、すがりついて、大事だった何かを摩耗させながら。

 どこまでも深みに堕ちていく。