試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

よくわかるヒンドゥー教

インド16憶人の国民的宗教、その思想の基本がわかる入門書

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<よくわかるヒンドゥー教について>
ブッダ(釈迦)はインドで生まれ、仏教はインドから世界に広まった。日本の仏教や仏像、生活に息づく風土風習をみわたせば、インドやヒンドゥーに起源をもつであろう事柄が実に多い。一方、聖典「ヴェーダ」や「マヌ法典」の教義、カースト制度やガンジス信仰、独特な祭祀や儀礼がいまなお色濃く残る世界は、外部からは伺いしれない混沌と魅惑と歴史文化を秘めている。わたしたちにとって近くて遠い「インド教」ともいうべき特異な思想文化の根本を、基本の「き」から徹底解説する、格好の入門書。

第一章 ヒンドゥー教を知るための基礎知識
 ・アーリア人とドラヴィダ人
 ・バラモン教からヒンドゥー教へ
 ・ゾロアスター教の影響 ほか

第二章 ヒンドゥー教の思想
 ・インド最古の聖典ヴェーダ
 ・六派哲学
 ・叙述詩『マハーバーラタ』
 ・叙述詩『ラーマーヤナ』
 ・『マヌ法典』
 ・輪廻転生と業  ほか

第三章 ヒンドゥー教の生活と儀礼
 ・四住期
 ・カースト制度
 ・河川崇拝と沐浴
 ・ヒンドゥー教の祭
 ・ヒンドゥーの聖地 ほか

第四章 ヒンドゥー教の神々
 ・世界創造神ブラフマー
 ・シヴァとヴィシュヌ
 ・怪童クリシュナ
 ・愛の神カーマ
 ・インドラ
 ・神猿ハマヌーン  ほか