試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

私の初恋相手がキスしてた

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:100%
:0%
最多属性:20代/男性
  • 安達としまむら
  • 電撃文庫
  • カクヨム
  • ライトノベル
  • 読了
  • わたし、二番目の彼女でいいから。

私の部屋に転がり込んできたあいつが、どうにも最近ちょっと気になる。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<私の初恋相手がキスしてたについて>
 うちに居候をすることになったのは、隣のクラスの女子だった。ある日いきなり母親と二人で家にやってきて、考えてること分からんし、そのくせ顔はやたら良くてなんかこう……気に食わん。お互い不干渉で、とは思うけどさ。あんた、たまに夜どこに出かけてんの?

 お母さんとあたしは昔から家と住む人がころころ変わり、今度の家は同じ学校の子がいた。料理を作ってもらって、家事も分担して、夜に出かけるあたしを気にしてくれて。でも、夜どこいってんのって言われても、なんて言えばいいんだろう。知り合いに会ってるだけなんだけど。

 ある日突然同居することになった女子高生二人の、淡くてもろいストーリー。