漫画・書籍を無料試し読み! ePub-Tw

  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

天と地と(四)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

景虎(謙信)が武田晴信(信玄)に初の不覚を喫した頃、将軍義輝からの密使が上洛を求めてきた

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<天と地と(四)について>
長尾晴景が府中で病死した。その葬儀を済ませた景虎に、信州からもどった諜者が、武田晴信の北信進攻を知らせた。そして8月、景虎は軍を川中島に出動させたが、晴信の攻撃でさんざんに撃破された。戦さを始めて初の不覚だった。両軍の対決がくり返されるうち、京の将軍足利義輝の密使が景虎に至急の上洛を告げて来た。三好好慶、松永久秀の専横に将軍の権威が失墜、政情不穏の気配だったのだ。景虎は、晴信に和睦を固める使者を差し向け、越後路を京に向けて出発した。

カバーイラスト/熊谷博人


ジャンル:文芸 , 文芸 , 小説
出版社名:KADOKAWA
レーベル:角川文庫
公開期間:
試し読みページ数:約 8 ページ

販売コード:(ISBN-13)9784041273135