試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

お茶屋さんは賢者見習い 2

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:65%
:35%
最多属性:40代/男性
  • MFブックス
  • 明日
  • 冒険
  • KADOKAWA
  • ライトノベル
  • 春菜ちゃん、がんばる? フェアリーテイル・クロニクル

リンの作った品々で、春の大市は大盛り上がり!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<お茶屋さんは賢者見習い 2について>
精霊のいる異世界に転移してしまったお茶屋さんのリン。
賢者と呼ばれる精霊術師ライアンの保護のもとで暮らすこととなった彼女は、四大精霊の加護と現代知識を活かして数々のアイテムを生み出していく。自然と、彼女は『賢者見習い』として認知されるようになるのだった。
春が近づくある日、リンの住まう工房に訪問者がやってくる。それは大賢者と呼ばれるライアンの師匠だった。しかし、リンを甘やかす精霊の過保護っぷりには、さすがの大賢者も驚きを隠すことができず――?
そして国をあげての商談会である『春の大市』を控え、リンが生み出した品の量産・販売を間に合わせようと、周囲は大慌て。そんな中、寒さ厳しい自領でも採取できる甘味料の存在が、隣領を巻き込んでの革命を起こしていき!?
精霊に愛された賢者見習いの異世界暮らし、春の大市スタートです!