試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

大正着物鬼譚 花街の困り事、承ります

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:50%
:50%
最多属性:40代/女性
  • 富士見l文庫
  • 貴公子探偵はチョイ足しグルメをご所望です
  • Amazon
  • KADOKAWA

着物好きだが極度の音痴!? 残念な見習い芸者の、置屋謎解きミステリー!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<大正着物鬼譚 花街の困り事、承りますについて>
義母が強いる縁談に嫌気が差し、実家を飛び出した呉服屋の娘・瑛子。
浅草をさ迷っていると、ひょんなことから美しい京友禅を羽織った不思議な青年・冬真と出会う。

下町の箱屋で働く冬真の紹介で向島へ向かうと、そこは華やかな芸者やその見習いの半玉が身を置く置屋『鬼乃屋』。瑛子は女将の勧めで、半玉の見習い「仕込み」として住み込むことになった。
するとそこへ「鬼が現れた!」と番頭が持ち込む騒動に巻き込まれてしまい――!?

持ち前の着物愛と極度な音痴で挑む、下町謎解きミステリー!