試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

僕の愛したジークフリーデ 第2部 失われし王女の物語

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:84%
:16%
最多属性:40代/男性
  • 読了
  • オットー・スーウェン
  • 電撃文庫
  • ライトノベル
  • KADOKAWA
  • ファンタジー

血塗られた因縁と隠された真実――。少女たちの愛憎譚、完結編。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<僕の愛したジークフリーデ 第2部 失われし王女の物語について>
 「光なき」剣士・ジークフリーデは、国に、その王女に忠を尽くした「騎士」であった。暴君と化し、民を無意味に処刑するかつての主・女王ロザリンデの凶行を止めるため、対峙したジークフリーデ。
 しかし、その結末は無慈悲だった。
 助命の嘆願は、彼女の両腕と引き換えに叶えられた。
 責任を感じる旅の魔術師・オットーはジークフリーデの治療と、リハビリに努める。その中で、二人は互いの過去を知り絆を深めていく。
 だが、冷酷に時が過ぎ、再びロザリンデによる犠牲が生まれようとするとき、二人は――。
 乱世に生きる少女たちの物語、第2幕。