試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

わたし、二番目の彼女でいいから。

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:92%
:8%
最多属性:40代/男性
  • ライトノベル
  • ラブコメ
  • ミステリー
  • 書店
  • ヒロイン
  • 恋愛

俺たちは「二番目」同士で付き合っている――危険な三角関係の行方は?

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<わたし、二番目の彼女でいいから。について>
「私も桐島くんのこと、二番目に好き」

 俺と早坂さんは互いに一番好きな人がいるのに、二番目同士で付き合っている。
 それでも、確かに俺と早坂さんは恋人だ。一緒に帰って、こっそり逢って、人には言えないことをする。
 だけど二番目はやっぱり二番目だから、もし一番好きな人と両想いになれたときは、この関係は解消する。そんな約束をしていた。
 そのはずだったのに――

「ごめんね。私、バカだから、どんどん好きになっちゃうんだ」

 お互いに一番好きな人に近づけたのに、それでも俺たちはどんどん深みにはまって、歯止めがきかなくて、どうしても、お互いを手放せなくなって……。
 もう取り返しがつかない、100%危険で、不純で、不健全な、こじれた恋の結末は。