試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

平安後宮の薄紅姫 三 恋する女房と物語の縁

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:0%
:0%
最多属性:40代/不明
  • 平安時代
  • 更級日記
  • 歴史
  • 読了
  • 感動

許嫁が物語を全否定!? 恋と書物の相談に薄紅は……?

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<平安後宮の薄紅姫 三 恋する女房と物語の縁について>
 怪異や難事件の駆け込み寺・薄紅(うすくれない)の姫。昼の姿である末席の女房として、中宮(ちゅうぐう)崩御のあとは、その娘である内親王付きの女房となっていた。
 その一方で、夜の姿である薄紅の元には、晴明の孫・奉親(ともちか)が入り浸っている。さらに彼の紹介で、日中の同僚である右近(うこん)まで相談に現れてしまう。正体を隠している薄紅だが、書物と恋にまつわる右近の悩みを放っておけず心を砕く。
 その相談をきっかけに、薄紅は実兄から自分の婚約話に言及されるはめに。読書と友人の恋がかかった「婚約」という危機に薄紅は……?