試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

君が最後に遺した歌

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:0%
:0%
最多属性:不明/不明
  • 読了
  • 君の膵臓をたべたい
  • 君は月夜に光り輝く
  • クールドジ男子
  • 聴けない夜は亡い
  • 愛に殺された僕たちは

続々重版『今夜、世界からこの恋が消えても』著者が贈る感動ラブストーリー

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<君が最後に遺した歌について>
田舎町で祖父母と三人暮らし。唯一の趣味である詩作にふけりながら、僕の一生は平凡なものになるはずだった。
ところがある時、僕の秘かな趣味を知ったクラスメイトの遠坂綾音に「一緒に歌を作ってほしい」と頼まれたことで、その人生は一変する。
 “ある事情”から歌詞が書けない彼女に代わり、僕が詞を書き彼女が歌う。そうして四季を過ごす中で、僕は彼女からたくさんの宝物を受け取るのだが……。
時を経ても遺り続ける、大切な宝物を綴った感動の物語。