試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

路上の伝説

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:86%
:14%
最多属性:30代/男性
  • 朝倉未来
  • YouTube
  • 歌ってみた
  • RIZIN
  • 感動
  • UFC

たった一振りの拳で、その日から彼は伝説になった

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<路上の伝説について>
ある日、先輩から連絡が来た。
――抗争になる、お前の力が必要だ。
隣街の暴走族との総力戦。
中間地帯に集められ、俺たちは対峙した。
全員で激突したら、どちらが勝っても共倒れになってしまう。
総長同士で話し合った。
その結果、一番強い奴同士だけで決闘させて、それで勝敗を決することになった。
行くのはお前だと、指名されたのが俺だった。
俺はまだ無名の喧嘩自慢。暴走族にも入ったばかり。
けれどそんなこと関係なかった。
強い奴とやれるなら、相手は誰でもよかった。
顔も名前も知らない、敵の族の代表と対峙する。
始まるや否や、飛びかかってくる相手の顎に、俺は左フックを打ち込んだ。
そのたった一撃で相手は失神し、二つの族の全面抗争は一瞬で終結した。

――その日から、俺は“路上の伝説”と呼ばれるようになった。