試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

扉の向こうに誰かいる。 男たちがずっと私を監視しています

試し読みページ数:約 18 ページ

玄関の覗き穴が……ない!!? その時、私は全裸だった。え、これ、見られてる――ちょっとしたきっかけで向けられる「他人による執着」は、幽霊よりなによりも怖い。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<扉の向こうに誰かいる。 男たちがずっと私を監視していますについて>
大学進学で単身上京した「ちな」。時間がない中で見つけた、初めての一人暮らしの物件は……事故物件かと見紛うほどの年季の入ったアパートの一室。今まではコミュ障で友達も少なかった。大学デビューをして素敵な恋愛をすると意気込み、キラキラの新生活を夢見るちなにとっては、こんな部屋も自分だけの城だった。ある日、シャワーの後に裸で部屋をうろついていたところ、なんだか違和感を感じる。え、玄関の覗き穴が……!?

1人で過ごしているはずなのに、感じる視線。
初めてできた彼氏、優しい笑顔の裏に感じる違和感。
まさか私の身にこんなことが起こるなんて……何気ない日常から一転、恐怖の日々が始まる。
ちょっとしたきっかけで向けられる「他人による執着」は、幽霊よりなによりも怖い――。