試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

東京 TOKYO

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:100%
:0%
最多属性:40代/男性
  • 高輪ゲートウェイ
  • 二川孝広
  • ニコン
  • 写ルンです
  • 朝日新聞出版
  • 蜷川実花

いま世界でもっとも重要な建築家による、作品集にして〈都市=東京〉論

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<東京 TOKYOについて>
◆最新作品集にして〈都市=東京〉論! 自薦23作+最新論考(2020年7月時点)

◆国立競技場、高輪ゲートウェイ駅、歌舞伎座から角川武蔵野ミュージアムまで。

◆写真 新津保建秀

◆BILINGUAL EDITION (JAPANESE & ENGLISH)


「ある都市で建築を設計するというのは、その都市に対してラブレターを書くことである。(…)当然相手がいろいろであるから、建築というラブレターも、様々な文面をとり、様々な体裁をとり、様々な書き方となる。その相手との微妙な関係が、通常の建築雑誌というメディアからは伝わってこない。その機微を伝えたくて、今回は写真家の新津保建秀さんにお願いをした。新津保さんは、僕の建築のまわりをぐるぐると歩き廻って、僕と彼女との間に、どんなことがあって、その時、どんな感情にかられて、僕がこの手紙を書いたかということが伝わるような写真を撮ってくれた。」 (隈研吾)

「撮影に取り組むにあたり、まず行なったのは、建築家・隈研吾にとっての東京の原風景をたずね、私自身の足で歩き経験してみることだった。(…)全体の撮影において留意したのは、この原風景を訪れたときの、過去と現在の往還の過程で心の中に生起した微かな感覚のフォルムを保持することだった。そして、それを育てていくような意識でそれぞれの建築に向き合うことである。」 (新津保建秀)