試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

九国のジュウシ 第1巻

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:100%
:0%
最多属性:40代/男性
  • ダンジョン飯
  • ハクメイとミコチ
  • ハルタ
  • ヒナまつり
  • 乙嫁語り
  • 北北西に曇と往け
試し読みページ数:約 38 ページ

狼に育てられた野生児、戦乱の世を駆ける!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<九国のジュウシ 第1巻について>
時は戦国、筑前国。
戦の歴史の中でも、もっとも激しく凄惨な寡戦(※)があった。
【岩屋城の戦い】――。

大友家家臣・高橋紹運率いる軍勢は700余に対し、対する島津軍は5万。
この戦いで高橋軍は圧倒的少数関わらず、2週間もの長きに渡り籠城戦を繰り広げたと言われている。

その立役者こそ本作の主人公、十四郎(じゅうしろう)。
彼は森の中で狼に育てられた野生児である。

紹運と十四郎の出会いを描く第1巻。
十四郎は戦のある度、戦場に赴いた。
母である狼の食料としてズバ抜けた強さで兵を蹂躙し、その死体を持ち帰るためである。
高橋紹運はその強さを買って自らの陣営に引き入れようと画策するが――。

【岩屋城の戦い】でなぜ高橋軍は島津軍と対等に渡り合えたのか。
その答えに新しい言説を投げかける、作者の意欲作。

(※)少数の兵で多数の兵と戦う戦のこと