試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

ヴラド・ドラクラ 3巻

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:20%
:80%
最多属性:40代/女性
  • オスマン
  • トルコ
  • ルーマニア
  • あらすじ
  • 青春
  • ヴラド三世
試し読みページ数:約 20 ページ

“串刺し公”ヴラド三世の真の姿を描く歴史ロマン、第三巻!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<ヴラド・ドラクラ 3巻について>
吸血鬼ドラキュラのモデルであり、残虐の王として知られるワラキア公・ヴラド三世。
その一方で、当時最強のオスマン帝国から母国を守り抜いた英雄であり、
革新的な政治力でワラキアの国力を高めた知略の王でもあった。
本書では、史実とフィクションをまじえ、ヴラド三世の生涯を描き出す。

【3巻のあらすじ】
ワラキア国内の有力貴族を大粛清したヴラド。残るは最大の敵・アルブのみ。
中央集権化を狙うヴラドにとって大きな意味をもつ戦いが始まる。

そしてついに、当時の世界最強・オスマン帝国がヨーロッパ制覇に動き出す。
率いるはメフメト二世。
難攻不落のコンスタンティノープルを陥落させ、“征服者”と呼ばれた男が、
ヴラドの前に立ちはだかる――!