無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

僕の家 sellection 3 NY City Life の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

1991年から約4年間、大江千里は東京とNYを行ったり来たりしながら、レコーディングを行い、ツアーに出かけた。デビュー当時は大阪と東京を行ったり来たり。自分の家を建てたときは都会と郊外を行ったり来たり。父が初めて買った家のこと、自分が建てた家のこと、犬との暮らしぶりなど、住む場所には「人生」が凝縮されている。大好評だった単行本『僕の家』から5編を収録した傑作不動産エッセイ。【読了時間 約43分】

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

試し読み作品の続きを読む

<僕の家 sellection 3 NY City Life の試し読みについて>
ポップミュージシャンだった大江千里の初めてのNY City暮らしは1991年から。天井が落ちたり、夜逃げをする羽目になったり。刺激的なこの4年間が何かを変える。東京とNYを行ったり来たりしながら、レコーディングを行い、ツアーに出かけた。デビュー当時は大阪と東京を行ったり来たり。自分の家を建てたときは都会と郊外を行ったり来たり。行ったり来たりが性に合っているのかもしれない。住む場所にはいつも「人生」が凝縮されている。不動産知識も随所にちりばめられた傑作エッセイ『僕の家』の中から「NY City Life」「夜逃げ」「ニュータウン」「『流れ星ハウス』の見た夢」「犬との暮らし」5編を収録。【読了時間 約43分】

「よし。決めましょう。僕は大家から聴かれても知らないことにします。引っ越し先も聞いていない。突然起こった訳です。だから何も残らない」
 なに言ってるんだ、トム。
「やるんですよ。バンは僕が用意しますから。新しい家を決めたら夜中に決行です」
 夜中に? だからどういうこと。え。それってもしかして。
「そうです。夜逃げです」――「夜逃げ」より


大江千里・おおえせんり■1960年9月6日大阪生まれ。1983年デビュー。2008年、ジャズピアニストを目指し相棒(ダックスフント♀)を連れてNYの音楽大学へ留学。2012年ジャズアルバム『boys mature slow』、2013年『Spooky Hotel』をリリース。東京ジャズフェスティバルには2年連続出演。現在は米国内で積極的なライブ活動を展開中。NYジャズ留学の前半を綴った「9th Note」シリーズ、後半を綴った「13th Note」シリーズ、「僕の家」シリーズを配信中。


ジャンル:新書・実用 , 教養 , ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社名:ブックウォーカー
レーベル:カドカワ・ミニッツブック
公開期間:
試し読みページ数:約 9 ページ
試し読み作品の続きを読む

同一シリーズ の試し読み作品

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す