試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

いつかここにいた貴方のために/ずっとそこにいる貴方のために

これは「おわり」の物語。互いを想った、二人の悲劇の物語。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<いつかここにいた貴方のために/ずっとそこにいる貴方のためにについて>
 少年兵レンカはその日、奇跡を見た。
 それは、春に――四月に降る雪。血みどろの最前線に降り、あらゆる敵を凍てつかせる雪。
 その奇跡を起こした少女は、こう呼ばれていた。『氷棺(ひつぎ)の聖女』と――。
 レンカと少女はふとしたことから出会う。移ろいゆく戦局の、その束の間に訪れた平穏な日々。二人は少しずつ、その距離を縮めていく。
 だが、彼らは忘れていた。
 少年が「ただの兵士」であることを。
 少女が「絶対の兵器」であることを。

 これは愚かな少年と、幸せではない少女の出会いと、そして、別れの物語。