試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

八男って、それはないでしょう! 15

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:68%
:32%
最多属性:30代/男性
  • 盾の勇者の成り上がり
  • 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~
  • ライトノベル
  • ありふれた職業で世界最強
  • 本好きの下剋上
  • 拾われた男

蘇る悪夢! 地下遺跡の冒険再び!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<八男って、それはないでしょう! 15について>
冒険者予備校の臨時講師を引き受けたヴェルの講師生活はなおも続いている。
バウルブルクに新設された冒険者予備校も軌道に乗り始め、ヴェル発案による講義での挨拶や帰りの掃除などといった独自ルールが導入されていく。
さらには、学習の成果を発表するといった場を設けない、純然たる祭り要素強めの学園祭を催すに至るのだった。
そんなある日、ヴェルは特別講師として招いたアーネストへの報酬として、探索済みの地下遺跡にて学術調査の手伝いをすることに。
ヴェルは、護衛役として弟子の三人とエルを連れて遺跡に入るも、調査は小一時間で終了し、若干肩透かしを食わされる。
だが、帰りがけに造り物のネズミを発見し捕らえようとした際、そのネズミに魔法をかけられヴェルは子供の姿へと変えられてしまう。
しかも、この地下遺跡が実は広大なものであると判明した瞬間、冒険者デビューをはたしたあの地下遺跡の悪夢がヴェルの脳裏を過るのであった……。