試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

囚われの姫君と彼女の専属拷問官

「痛めつけたりしないということは……はッ! わたくしをいやらしく責めるのですね?」囚われの姫君の誤解から快楽拷問が始まる!? 黒光りする膜──淫らな拘束衣に全身を固められて、おねだりするまで絶頂寸前焦らし責め!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<囚われの姫君と彼女の専属拷問官について>
新興の共和国アルトゥール台頭の煽りを受け、滅亡したジュヌヴィーヌ王国。
囚われの身となった王女クリスティーナは、共和国でいち市民になるための教育を受けることに。
思い込みが激しく悲劇のヒロイン気取りの姫君は、教育係のルナを拷問官と勘違いし……。
「痛めつけたりしないということは……はッ! わたくしをいやらしく責めるのですね?」
おまけにルナがほんとうの拷問官の家系だったことから、祖母譲りの本格快楽拷問が始まってしまい!?
黒光りする膜の拘束衣に全身を囚われたまま、強いられる恥辱の日々。
粗相をすれば待つのは刷毛責めと甘い鞭……はじめおっかなびっくりだったルナも
次第に拷問官の才能に目覚め、屈服を拒む姫君をおねだりするまで絶頂寸前焦らし責めに!