試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

八男って、それはないでしょう! 13

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:77%
:23%
最多属性:30代/男性
  • カクヨム
  • 早見沙織
  • 森久保祥太郎
  • ブックレット
  • 今井麻美
  • 松井恵理子

草木も凍る嫉妬の炎! 先を越された熟練の魔法使いの猛威

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<八男って、それはないでしょう! 13について>
トンネル騒動が落ち着き、ヴェルと妻となったカチヤとの結婚式がオイレンベルク領で挙げられた。ところが、結婚式はマロイモや特産品を使った料理が並び、物産展の様相を呈していた。
一方、新婚旅行に至っては、魔の森で狩りをしているだけにしか映らないものの、つつながく行事として消化されていった。
だが、予期せぬ地雷が眠っていた。
不運が重なって連絡が届かず、式の存在すら知らなかったカチヤの師、リサがお冠なのだ。式がどうこうではなく、ただ先を越されたのが腹立たしいのだという。
そんなリサから近々会いに行くという手紙を受け取ったカチヤは、不安な夜を過ごすはめになるのだった……。
テレーゼに魔法の才能!? それがなぜかリサとの決闘に発展! 大幅加筆と書き下ろし短編で送るドタバタの第十三弾!