試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:75%
:25%
最多属性:30代/男性
  • ライトノベル
  • 錆喰いビスコ
  • 電撃文庫
  • ようこそ実力至上主義の教室へ
  • rena
  • ソードアート・オンライン

待望の《ギアーデ連邦編》後編登場! “史上最大の作戦”の火蓋が切られる――!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉について>
敵〈レギオン〉の電磁加速砲(レールガン)による数百キロ彼方からの攻撃は、シンのいたギアーデ連邦軍の前線に壊滅的被害を与え、レーナが残るサンマグノリア共和国の最終防衛線を吹き飛ばした。進退極まったギアーデ連邦軍は、1つの結論を出す。それはシンたち「エイティシックス」の面々を《槍の穂先》(スピアヘッド)として、電磁加速砲搭載型〈レギオン〉の懐に――敵陣のド真ん中に突撃させるという、もはや作戦とは言えぬ作戦だった。だがその渦中にあって、シンは深い苦しみの中にあった。「兄」を倒し、共和国からも解放されたはず。それなのに。待望のEp.3、《ギアーデ連邦編》後編。なぜ戦う。“死神”は。何のために。誰のために。