試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

雨月物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:93%
:7%
最多属性:40代/男性
  • 角川ソフィア文庫
  • 紀伊國屋書店
  • ポイント還元
  • book☆walker
  • 更級日記
  • 古事記

美しくも恐ろしい江戸の傑作怪異小説。全9篇を解説とともに味わう。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<雨月物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典について>
身の毛もよだつ大江戸ホラー。秋成の卓越した筆致で描かれた、珠玉の9編を味わう。

稀代の怨霊・崇徳院が眠る白峯の御陵を訪ねた西行法師の目の前に現れたのは――(白峯)
義兄弟の契りをかわした武士と学者。主君の仇討ちに向かった武士は、学者のもとに戻るが――(菊花の約)
一攫千金を夢見て旅立った勝四郎。七年の時を経て戻った家で見たものとは――(浅茅が宿)
ある雨の日に出会った美しい女は蛇の化身であった。蛇と別れた男はその後妻をめとるが――(蛇性の婬) ほか

【目次】
はじめに
『雨月物語』序
白峯
菊花の約
浅茅が宿
夢応の鯉魚
仏法僧
吉備津の釜
蛇性の婬
青頭巾
貧福論