試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

魔法科高校の劣等生(23) 孤立編

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:78%
:22%
最多属性:30代/男性
  • ライトノベル
  • 新シリーズ
  • 卒業
  • 電撃文庫
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • サクリファイス

遂に暴かれるトーラス・シルバーの正体。その時達也が下した決断とは――!?

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<魔法科高校の劣等生(23) 孤立編について>
二〇九七年四月末。戦略級魔法の使用はブラジル軍だけにとどまらず、ギニア湾岸にて大亜連合により戦略級魔法『霹靂塔』が使用される。魔法が戦火を拡大し、世界を包んでいく。魔法を使った者への非難。魔法を作った者への非難。魔法師への逆風が強まる中、魔法の平和的利用として、USNAの研究者であるエドワード・クラークから『ディオーネー計画』という壮大な宇宙開発プロジェクトが提案される。そして、選ばれた人員の中にはトーラス・シルバーの名前が。これをきっかけに達也がトーラス・シルバーであることが白日の下にさらされてしまうのだった――。達也と深雪に新たな試練の時が訪れる。