試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

魔法科高校の劣等生(22) 動乱の序章編〈下〉

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:73%
:27%
最多属性:30代/男性
  • ライトノベル
  • ソードアート・オンライン
  • パワーアップ
  • 氷菓
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 僕のヒーローアカデミア

変貌する達也を取り巻く状況。二十八家内の溝が動乱を呼ぶ!?

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<魔法科高校の劣等生(22) 動乱の序章編〈下〉について>
二〇九七年四月。横浜で行われた、十師族及び師補十八家の後継者たちを集めた会議での達也の振る舞いは、他家との軋轢を生む。“全ては深雪を守るため”の達也の判断を支持する真夜。しかし、同時に他家への警鐘を鳴らす――特に、十文字家と十山家への警戒を強めるのだった。時を同じくして、十師族『三矢家』の少女、三矢詩奈が行方不明に!? 彼女を捜索する矢車侍郎と第一高校のメンバーたち。その裏には国防陸軍所属の遠山つかさの暗躍の影があった――。“人間”と魔法師の共存。魔法師に集まる人々の懐疑心が、彼らの状況を一変させ、そして動乱の渦へと巻きこんでいく。