試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

魔法科高校の劣等生(21) 動乱の序章編〈上〉

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:78%
:22%
最多属性:30代/男性
  • ライトノベル
  • 新シリーズ
  • 卒業
  • 電撃文庫
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • サクリファイス

新入生は十師族直系とその幼馴染み! 三年生の部、堂々スタート!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<魔法科高校の劣等生(21) 動乱の序章編〈上〉について>
二〇九七年三月。南米大陸で戦略級魔法『シンクロライナー・フュージョン』が使用された。それを契機に、世界に吹き荒れる動乱の嵐が、日本にも押し寄せようとしていた。翌月。国立魔法大学付属第一高校三年生に進級した達也と深雪の元に、十文字家当主・十文字克人からの招待状が届く。十師族、師補十八家の若手を集めて、自分たちを敵視する風潮に魔法師としてどう対処すべきかを話し合う為の会議に二人を招待する正式な書状。それが達也を、更なる波乱の日々へと誘う。