試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

ゼロから始める魔法の書VIII ―禁書館の司書―

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:100%
:0%
最多属性:30代/男性
  • ライトノベル
  • ノーゲーム・ノーライフ
  • ゼロの使い魔
  • 星のカービィ
  • Kindle
  • ファンタジー

泥闇の魔女の目論見を阻止するため、北へ向かうゼロ達が向かう先は──!?

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<ゼロから始める魔法の書VIII ―禁書館の司書―について>
泥闇の魔女による悪魔召喚で、世界の半分が崩壊した。世界を救う決意をしたゼロ達は、教会騎士団とともに、北の地にあるという祭壇を目指す事に。しかし遠征部隊の隊長であるジェマは、“黒の死獣”に父を殺された過去を持っていた。しかもジェマの従卒は、傭兵の過去をよく知る男で――? どうにか傭兵が“黒の死獣”である事実を隠したまま北へと進軍するが、荒廃した世界を進むうち、教会騎士団は統率を失い始める。「隊長は魔女におもねっている。教会騎士団を率いるのにふさわしいとは思えない」副隊長である老兵、レイラントに強く糾弾され、部隊との決別を余儀なくされるジェマ。兵の信頼を取り戻すため、ゼロ達はジェマとともに、悪魔が待ち受ける〈禁書館〉を目指すことに。そこでゼロが出会う人々とは? また、待ち受ける悪魔とは――?