試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

ゼロから始める魔法の書VII ―詠月の魔女<下>―

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:90%
:10%
最多属性:30代/男性
  • ノーゲーム・ノーライフ
  • ライトノベル
  • ゼロの使い魔
  • 魔法使い黎明期
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 映画化

ゼロの頬を伝う涙――その理由とは。世界の破滅と再生へ舵を切る、魔法書ファンタジー第7弾!!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<ゼロから始める魔法の書VII ―詠月の魔女<下>―について>
「これより、世界を破壊する」 そうして――。世界は一夜にして変化した。その夜、眩いばかりの満月を背に悠然と空を漂う魔女を多くの者が見たと言う。そして、その言葉をきっかけに、ありとあらゆる獣堕ちたちは――。魔法国家へと変貌を遂げたウェニアス王国へと舞い戻り、主席魔法使いとなったアルバスと再会を果たしたゼロたち。国がきな臭い空気に包まれるなか、彼らの前に現れたのは、教会と魔女を五百年ぶりの聖魔戦争へとたきつけようとする組織〈不完全なる数字(セストゥム)〉の長、“あの方”だった。その正体が明らかになる時、世界は破滅と再生へと舵を切る――。