試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

魔法科高校の劣等生(12) ダブルセブン編

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:79%
:21%
最多属性:30代/男性
  • 卒業
  • サクリファイス
  • 光宣
  • コミカライズ
  • 電撃文庫
  • ライトノベル

二学年の部、開幕!生徒会メンバーとなった達也と深雪の前に、ユニークな『新入生』が現れる。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<魔法科高校の劣等生(12) ダブルセブン編について>
西暦二〇九六年四月。司波達也と深雪は二年生に進級した。今までの目覚ましい活躍と実績が考慮され、今年度から新設された魔法工学科コースの生徒となった達也は、深雪の意向で彼女と同じく生徒会副会長にも抜擢される。 今年こそ、深雪と共に平穏な学校生活を……と考えていた達也だったが、『新入生』たちはそれを許さなかった。 七宝琢磨。入試成績トップとして、今年度の新入生総代を務めた『エリート』で、十師族の脇を固める師補十八家の一つ『七宝家』の長男。 七草香澄、七草泉美。十師族のひとつ『七草家』の長女・七草真由美の双子の妹たち。 同じの数字を持つ『ナンバーズ』の三人が、魔法科高校で波乱を巻き起こし――。新展開突入!