試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

魔法科高校の劣等生(10) 来訪者編〈中〉

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:78%
:22%
最多属性:30代/男性
  • あけましておめでとう
  • 面白い
  • ライトノベル
  • 電撃文庫
  • 可愛い
  • 卒業

通常の魔法では太刀打ち出来ない『来訪者』が、魔法科高校に襲来!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<魔法科高校の劣等生(10) 来訪者編〈中〉について>
西暦二〇九五年十二月。雫との『交換留学生』として、USNA(北アメリカ大陸合衆国)からリーナが魔法科高校にやってきた。達也は、彼女が大規模破壊兵器に匹敵する戦略級魔法師「十三使徒」の一人であることを瞬時に見抜く。そして、同じ時期に東京で発生した『吸血鬼』事件――魔法師の血液を抜き取る連続傷害事件との関わりを探るのだった。 『吸血鬼』事件の全容は次第に明らかになりつつあった。達也のヒントと幹比古の古式魔法によって、『吸血鬼』の正体が『パラサイト』と呼ばれる『魔性』であることを突き止める。 しかし、別次元から意図せず招かれたその『来訪者』は、ついに魔法科高校に襲来した。その『吸血鬼』の正体(宿主)は、意外な人物で――!