試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

未踏召喚://ブラッドサイン(4)

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:20%
:80%
最多属性:20代/女性
  • ブラッド
  • ヘヴィーオブジェクト
  • マゼンタ
  • 時代
  • バトンタッチ

恭介を待っていたのは、激甘恋人モードの『白き女王』。 ヒミツの水着タイムか、最悪の戦争開始か。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<未踏召喚://ブラッドサイン(4)について>
城山恭介が朝目を覚ますと、あの最悪の未踏級『白き女王』が完璧な新妻モードで手料理を作っていた。そもそも先ほどまで恭介の腕枕で二人は一緒に寝ていたらしい。 ……絶望してはいけない。世界はまだ終わってはいないのだから。最強召喚師たる恭介は甘えてくる女王を抱えながら、自分が置かれた状況を整理する。 『パンデモニウム』――ブラッドサイン式に代わる召喚方式を成し遂げた世界最大の『匣』であり、神格級や未踏級さえ兵器化する移動要塞に組み込まれた『頭脳』である353人の依代を救うこと……それが彼への『依頼内容』だった。 いやしかし、どうも様子がおかしい。 依頼主であるはずの依代が、どこにもいない。どころか、朝起きるまでの自身の記憶が消えている……。恭介は仕方なく『白き女王』と共闘、謎の要塞に挑む――! 時間無制限で贈る『白き女王』のコスプレ七変化に刮目せよ……!