無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

怪しいものたちの中世 の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

中世人にとって「宗教」とは何だったのか

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

試し読み作品の続きを読む

<怪しいものたちの中世 の試し読みについて>
日本の中世に暗躍した「怪しいもの」とは何者か。山伏、占い師、ばくち打ち、勧進聖……。神仏の威光を利用した彼らの活動は多様であり、心の平安を与える方法は多岐にわたる。一見すると詐欺のようにも思えるが、殺伐とした環境に置かれた人々に夢見る喜びを感じさせ、人間らしい感情や希望、未来について考える機会を与えていたのだ。中世の「宗教」の果たした知られざる効用を、豊富な事例から解き明かす新しい中世史。


ジャンル:新書・実用 , 人文 , 歴史, 地理
出版社名:KADOKAWA
レーベル:角川選書
公開期間:
販売コード:(ISBN-13)9784047035669
試し読み作品の続きを読む

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す