無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

13th Note (2) スモールワールドとモーニング息子。 の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ニュースクールを卒業しても、音楽だけで食べていける人は3%以下だという。そんな厳しい現実の中、すでに活躍していたジョーが心臓疾患で倒れたとき、神様はこう言ったのだ。「君が生き返ったら、大好きな『モーニング娘。』の曲を仲間とやってみなさい」。ガーシュインホテルでのデビューを皮切りに、超クールな「モーニング息子。」は「LOVEマシーン」を引っさげてNYで評判のバンドになった。【読了時間 約33分】

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

試し読み作品の続きを読む

<13th Note (2) スモールワールドとモーニング息子。 の試し読みについて>
ニュースクールを卒業しても、音楽だけで食べていける人の割合は3%以下だという。そんな厳しい現実の中、ジョーはすでにラテンビックバンドで活躍していた。ジョーが心臓疾患で倒れ、生死をさまよっていたとき、神様はこう言ったのだ。「君が生き返ったら、大好きな『モーニング娘。』の曲をジャズの仲間とやってみなさい」。そうして生まれたのがJ-Popビッグバンド「モーニング息子。」。そんなジョーに地下鉄で声をかけられた千里。ガーシュインホテルでのデビューコンサートを皮切りに、超クールな「息子。」は、「LOVEマシーン」を引っさげてNYでも評判のバンドになっていった。NYジャズ留学の後半戦はススム! 【読了時間 約33分】

それは不思議な体験だった。
毎日ニュースクールで習っているジャズとは少し違う音楽だった。
もちろん原曲が違うからといえばそれまでだが、そうじゃない。
確かにジャズのビッグバンドのフレーズもあったりするのだが、もっとジャズが大らかだった。
そう、喩えるならばニューオリンズジャズのような香りのする音だった。――本文より。


大江千里・おおえせんり■1960年9月6日大阪生まれ。1983年デビュー。2008年、ジャズピアニストを目指し相棒(ダックスフント♀)を連れてNYの音楽大学へ留学。ジャズアルバム『boys mature slow』『Spooky Hotel』をリリース。東京ジャズフェスティバルには2年連続出演。現在は米国内で積極的なライブ活動を展開中。NYジャズ留学の前半を綴った「9th Note」シリーズ、後半を綴った「13th Note」シリーズ、「僕の家」シリーズを電子書籍で配信中。


ジャンル:新書・実用 , 教養 , ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社名:ブックウォーカー
レーベル:カドカワ・ミニッツブック
公開期間:
試し読みページ数:約 9 ページ
試し読み作品の続きを読む

同一シリーズ の試し読み作品

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す