試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

er-泡沫 甘濡れ婚淫譚【第3話】

「麻子が欲しい。ずっと、麻子といたい。死ぬまで」付き合って10年、愛し合ってるのにプロポーズしてくれない彼――なぜなら、彼は白蛇の神様だから。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<er-泡沫 甘濡れ婚淫譚【第3話】について>
「麻子が欲しい。ずっと、麻子といたい。死ぬまで」
松本麻子は増水した川で溺れかけたところを、ある“ヒト”助けられたことがあった。人、と言いきってはいけない、“ヒト”。なぜなら、肌はぬらぬらと照り光っていて、うっすらとウロコのような模様があったから。麻子は気づいてしまう、その“ヒト”は「透けるように白い肌に切れ長な涼やかな目」――“冴え凍る君”とあだ名され、女学生たちの憧れの的だった明智正則であると――。
蛇神さま=明智正則は人の世に混じって古本屋の店主として暮らし、麻子と恋人同士になって10年になる。穏やかな日々、彼からの愛を感じながら、なにひとつ不満のない幸福な毎日を送っていたが――。
どんなに激しく愛し合っても、正則の瞳から寂しさの陰りが消えてくれないことに、麻子の胸に不安が降り積もっていく……。