試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

誰にも言わない

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:37%
:63%
最多属性:30代/女性
  • katーtun
  • 口パク
  • 欲しい
  • ROAR
  • 湯豆腐
  • 寒い

第8回魔法のiらんど大賞〈銀賞〉受賞作! 誰かに愛されてみたかった 全てがあかされた後の二人に――きっと、あなたの心が震える

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<誰にも言わないについて>
都内の進学校に通う高校3年生の妃望(ひの)は、父親とは生まれた時から引き離され、娘をかえりみない母親と二人で暮らしている。幼少の頃から自由を与えられなかった妃望は、学校では友達も作らず、家に帰っても一人、孤独な毎日を送っていた。 しかし母が留守になる週末には、隣の部屋の男と、締め切った部屋の中、ずっと二人で過ごしている。体の関係を重ねる二人は、恋人でもなければセフレでもない。安らぎを求めるように男の部屋に通う妃望は、何故かいつも記憶の一部を失くしている。男を「オッサン」と呼び、その名前を憶えることもない。 失くしてしまった妃望の記憶が戻った時――その中には、あまりにも残酷で悲しい真実が隠されていた。