試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

成すも成さぬもないのだが 第五回 十代の自分に如何にして友達が出来たのか、または出来なかったのか

大げさに言うと、あの時のあの感じ、あのどうかしちゃってる快感をもう一回味わいたくて今でもラジオで喋っているのかもしれない――。友達と過ごした神戸での少年時代。そこに今の鷲崎健のルーツがあった。【想定読了時間20分】

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<成すも成さぬもないのだが 第五回 十代の自分に如何にして友達が出来たのか、または出来なかったのかについて>
大げさに言うと、あの時のあの感じ、あのどうかしちゃってる快感をもう一回味わいたくて今でもラジオで喋っているのかもしれない――。(本文より)

鷲崎健が独り語るこの連載エッセイ。第五回のテーマは「友達」。

「自分には友達が少ない」と言いつつも、彼の周囲にはいつも人が集まり、楽しそうに話している。ラジオスタッフ、音楽仲間、神戸時代からの友人たち。鷲崎健にとっての「友達」とはどんな存在なのか。
 小学生時代の強烈な体験。中学校における未知との遭遇。高校時代に出会ったギターとバンド。如何にして鷲崎健は今の鷲崎健になったのか。そのルーツは神戸で過ごした少年時代にあった。

【目次】
・タンスだよ
・TとK
・開き直る理由など

【想定読了時間20分】