無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

ゴミ箱から失礼いたします 3 の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

「ゴミ箱から出られなくなる」生活を送っている僕こと小山萌太。でも今日の僕はちょっと違う。なんと自分の足で歩いているのだ!

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

試し読み作品の続きを読む

<ゴミ箱から失礼いたします 3 の試し読みについて>
なんか色々あって「ゴミ箱から出られなくなる」という意味不明な生活を送っている僕こと小山萌太は、クラスメイトの河原彩音の待ち合わせ場所に急いでいた。というのも、彩音とデートをする約束をしたためだったからだ。でも今日の僕はちょっと違う。なんと自分の足で歩いているのだ! 妖怪封印の箱を使わせてもらえなかったから、1時間の時間制限があるけれど。そんなわけで1時間限定デートに出かけたけれど、無事に終わるはずもなくて――。残念妖怪満載コメディ、ゴミ箱から華麗に第3弾!


ジャンル:ライトノベル , 文芸 , ライトノベル
出版社名:KADOKAWA
レーベル:MF文庫J
公開期間:
試し読みページ数:約 10 ページ

販売コード:(ISBN-13)9784840134026
試し読み作品の続きを読む

同一シリーズ の試し読み作品

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す