無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

13th Note (9) 詩人たちの黄昏 の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

NYのジャズ大学ニュースクールに留学して2年。学生課のダンのすすめもあって提携するアート大学との共通カリキュラム【音楽という言葉】をとってみる。学期中に12編の詩を書き、皆でディベートするらしい。そこで出会ったのがバナード。70歳は超えている。ギンズバーグ、バロウズ、ディキンソン、オハラ、ドナマシーニ。ビートニクのアメリカ詩人や現代詩人、さらに千里の英語詩も登場!【読了時間 約36分】

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<13th Note (9) 詩人たちの黄昏 の試し読みについて>
「僕は今までの人生でこんなに握手だけで物を語りたがる人に会ったことがない。
それは詩と言うよりはむしろ自叙伝の域に達していると思う。
だが、不思議とそれが嫌じゃないと思った。こういう人に会うのを長年待っていたとも思った。年齢も国も職種も違う2人が詩というキーワードで大学のクラスの中で出会ったのだ」――本文より。

NYのジャズ大学ニュースクールに留学して2年。
学生課のダンのすすめもあって、提携するアート大学との共通カリキュラム【音楽という言葉】をとってみる。
学期中に12編の詩を書き、みなでディベートするらしい。
そこで出会ったのがバナード。70歳は優に超え、「詩人の会」を主催。参加者をハンティングしている。
バナードはさらに千里が参加していたビッグバンド「モーニング息子。」のライブでMCをやってくれたのだが…。
ギンズバーグ、バロウズ、ディキンソン、フランクオハラ、ドナマシーニ、リチャードヒューゴ、パブロネルーダ。
ビートニクのアメリカ詩人やチリの詩人たち。さらに千里の英語「詩」も登場!【読了時間 約36分】

大江千里・おおえせんり■1960年9月6日大阪生まれ。1983年デビュー。2008年、ジャズピアニストを目指し相棒(ダックスフンド♀)を連れてNYの音楽大学へ留学。ジャズアルバム『boys mature slow』『Spooky Hotel』をリリース。東京ジャズフェスティバル、ブルーノート出演のほか、現在は米国内を中心に積極的なライブ活動を展開中。日本家屋体験エッセイ『僕の家』全4冊、NYジャズ留学の前半を綴った「9th Note」シリーズ全12冊は電子単行本『9th Note Complete』としても配信中。


ジャンル:新書・実用 , 教養 , ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社名:ブックウォーカー
レーベル:カドカワ・ミニッツブック
公開期間:

同一シリーズ の試し読み作品

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す