無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

あやかし飴屋の神隠し の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

あやかし飴屋がつくりだすのは、世にも不思議な妖怪飴。

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

試し読み作品の続きを読む

<あやかし飴屋の神隠し の試し読みについて>
「俺は、多分、なんだって、視える」 「僕は、大体のものは、つくれますから」 皮肉屋の青年・叶義は幼い頃、あやかしの神隠しに遭って以来、いかなるものも“視えないものはない”という。妖しい美貌を持つ飴細工師・牡丹はその手で“つくれないものはない”という――。 二人の青年が営むは、世にも不思議な妖怪飴屋。奇妙な縁に惹かれた彼らは、祭り囃子の響く神社で今宵も妖怪飴をつくりだす。人と寄り添うあやかしの、形なき姿を象るために。あやしうつくし、あやかし飴屋の神隠し。


ジャンル:文芸 , 文芸 , 小説
出版社名:KADOKAWA
レーベル:メディアワークス文庫
公開期間:
販売コード:(ISBN-13)9784048668286
試し読み作品の続きを読む

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す