試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

送り屋2 ―死者を送る優しく不器用な人たち―

死者の話に耳を傾け、その本当の想いを知ろうとする。 優しき事故調査員たちの物語。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<送り屋2 ―死者を送る優しく不器用な人たち―について>
死者の口から事実を聞き、事故の有無を探る調査員。彼らは亡き者の想いに耳を傾け、その願いを叶えていく。死者を優しく“向こう”へ送るために。 駆け出しの調査員、託実もその一人。かつて世話になった女性の霊を送ることができなかったのをいまだに悔やんでいる。 彼は“よき”調査員になるべく一歩一歩進んで行こうとする。残してしまった者への懺悔、逝かなければならない自分への哀惜。死者の秘められた願いをひとつひとつ受け止めながら。 不器用で、そして優しい送り屋の物語。