試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

あなたはなぜ同じ失敗をするのか?

失敗の種類を3つに分類。錯覚や勘違い《ミステイク》、動作の失敗《アクション・スリップ》、記憶の失敗《ラプス》。それぞれの起こるしくみがわかれば、対策を練ることができます。もうミスに凹まない、もうミスを恐れない!失敗を減らし、成果につなげ、クリエイティブに生きるヒントが満載!!【読了時間 30分】

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<あなたはなぜ同じ失敗をするのか?について>
失敗の種類を3つに分類。それぞれの起こるしくみを知り、対策を解説します!
(1)錯覚や勘違い《ミステイク》…「11時の約束を17時と勘違いして怒られた」
(2)動作の失敗《アクション・スリップ》…「駅の改札でクレジットカードをかざしていた」
(3)記憶の失敗《ラプス》…「2階に資料を取りに来たのに、階段を上がったら何をしにきたのか忘れてしまった」
失敗をすると、自己嫌悪に陥ったり、ミスを恐れて消極的になってしまいがちに。さらに失敗が、取り返しのつかない事故に繋がってしまうことも……。失敗が起こるわけを知り、上手に防ぐことができれば、もっとクリエイティブに生きることができるはず。もうミスに凹まない、もうミスを恐れない!【読了時間 30分】

【目次】
・はじめに
・「失敗」には3種類ある
・ミステイクとは何か?
・ミステイクはなぜ起きる?
・ミステイクを防ぐには?
・大勢で決めるとミスが起きやすい
・間違いが正しく見えたり、指摘しづらかったり……
・ダブルチェックでミスが起こる
・アクション・スリップはなぜ起きる?
・スキーマの誤作動でアクション・スリップが起きる
・アクション・スリップを防ぐには?
・ラプスはなぜ起きる?
・記憶のエラーを防ぐには?
・ヒューマンエラーは「だめな人」が起こすのではない
・「失敗は起きるもの」という想定で仕組みを考える
・「安全」に対する2つのアプローチ
・柔軟性を追求した方が重大なミスは減る

【著者】
芳賀 繁(はが・しげる)
立教大学現代心理学部心理学科教授、博士(文学)。専門分野は産業心理学、人間工学。研究テーマは、ヒューマンエラー、不安全行動、作業負担、安全マネジメントなど。